保証人になったことから債務整理へ

借金がかさんだら債務整理

借金がかさんでどうしても返済ができなくなってしまうという状況は誰にでも起る可能性はあります。



債権者と交渉をして返済期間を延ばしてもらうなどの対処をとったとしても、おそらくもう返済できないだろうという状況になったときには債務整理で借金を清算してしまうことをおすすめします。


債務整理といっても幅広いのですが、主なものとして任意整理、個人再生、自己破産があります。



任意整理は裁判所を通さない手段で、わかりやすく言えば示談です。

債権者と合意して返済できるくらいにまで減額してもらったり、利息をかからないようにしてもらったり手法を指します。



話し合いで解決すると言っても良いでしょう。


個人再生と自己破産は裁判所を通して行う手続きです。



ですから、法的な強制力を発揮する方法です。



どの債務整理を選ぶにしろ、法的な知識は必要ですし、手続きも複雑ですから勉強をしなければなりません。


時間もかかるというデメリットがあります。



これも社会勉強だと思って勉強するのならそれでも良いですが、すぐにでも解決したいのなら弁護士や司法書士に相談をする方が良いです。

弁護士や司法書士に依頼すると報酬を支払わなければなりませんが、それでも迅速に手続きが行われるメリットは大きいと言えるでしょう。

弁護士や司法書士に依頼すれば、次の給料日からはとりあえず返済をしなくて良くなりますから、生活に余裕も出てくるでしょうし、精神的にも楽になると考えられます。

    関連リンク

    • 債務整理をおこなうということは

      債務整理をおこなうことで借金を整理することができますので、それまでの督促などからも解放され、精神的な安定を得られます。そのためにはまずは法律の専門家に相談しましょう。...

      detail
    • 債務整理の方法の選び方

      債務整理にはいくつかの種類がありますが、どれを選べば良いのでしょうか。やはり最もメリットの大きいのが自己破産だと考えられます。...

      detail