保証人になったことから債務整理へ

債務整理の方法の選び方

債務整理にはいくつかの種類がありますが、どれを選べば良いのでしょうか。

やはり最もメリットの大きいのが自己破産だと考えられます。
自己破産は借金がすべてなくなりますから、新しい生活をスタートしたい人にとっては最も適した債務整理の方法だと考えられます。


自己破産は誰にでもできるものではありませんし、できたとしてもデメリットが大きいケースもあります。



この場合にはデメリットの小さい他の方法を選ぶのが良いでしょう。たとえば、住宅ローンを返済している途中の人の場合、自己破産をすると住宅ローンも帳消しになりますが、住宅も失います。
そうなると生活がままならないと言うこともあるでしょう。


このような場合には自己破産ではなくて個人民事再生を選ぶのが良いです。



個人民事再生を選んだ場合、借金は大幅に減額されます。

とは言っても、減額された借金を返済していくことは必要ですし、住宅ローンも返済していかなければなりません。

このようなデメリットがあってもマイホームを守りたいという人にとっては適した方法だと言えるでしょう。

債務整理の中でも自己破産と個人民事再生は法律の力を借りて行う方法ですが、法律の力を借りない方法として任意整理があります。



自己破産は誰でもできるものではなくて、場合によっては免責決定がなされないこともあります。



このようなケースでは任意整理を行うのが基本です。



任意整理を行えば返済できるような計画で和解できるケースが多いです。



    関連リンク

    • 借金がかさんだら債務整理

      借金がかさんでどうしても返済ができなくなってしまうという状況は誰にでも起る可能性はあります。債権者と交渉をして返済期間を延ばしてもらうなどの対処をとったとしても、おそらくもう返済できないだろうという状況になったときには債務整理で借金を清算してしまうことをおすすめします。...

      detail
    • 債務整理の方法の選び方

      債務整理にはいくつかの種類がありますが、どれを選べば良いのでしょうか。やはり最もメリットの大きいのが自己破産だと考えられます。...

      detail