保証人になったことから債務整理へ

債務整理をおこなうということは

債務整理をおこなうことで借金を整理することができますので、それまでの督促などからも解放され、精神的な安定を得られます。



そのためにはまずは法律の専門家に相談しましょう。



正式な依頼後、弁護士や司法書士などによって出される受任通知によって、借金の催促などは一旦停止しますので、その後は落ち着いて借金整理について相談していくことができます。



毎日の督促や催促などが続く中では、落ち着いて借金について考えることができません。

自分ひとりでなんとか借金問題を解決していくのは限界がありますし、冷静に考えることができなくなっている可能性があります。



ですので専門家という第三者への依頼は非常に有効な手段になるのです。



また債務整理には大きく分けて4種類のやり方があります。

さらに過払い請求という方法もありますので、これらをどう選んで行っていくかは弁護士や司法書士の手腕にゆだねるほうが堅実です。

債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生、特定調停があります。
借金をとにかくゼロにして人生をやり直したいのであれば自己破産になりますが、任意整理や個人再生では、借金をかなり減額することが可能ですので、それぞれのメリットを考えたうえで決めることが大切です。



債務整理後しばらくは住宅や車などのローンを新たに組むことはできませんし、クレジットカードも使えません。ですがこれは一生というわけではありませんので、その与えられた期間で家計や金銭感覚を立て直すことが重要になります。

    関連リンク

    • 借金がかさんだら債務整理

      借金がかさんでどうしても返済ができなくなってしまうという状況は誰にでも起る可能性はあります。債権者と交渉をして返済期間を延ばしてもらうなどの対処をとったとしても、おそらくもう返済できないだろうという状況になったときには債務整理で借金を清算してしまうことをおすすめします。...

      detail
    • 債務整理によって借金返済の負担を軽減することも可能

      借金の返済に困った場合は債務整理をして負担を軽減することが出来ます。債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の方法があります。...

      detail