保証人になったことから債務整理へ

債務整理によって借金返済の負担を軽減することも可能

借金の返済に困った場合は債務整理をして負担を軽減することが出来ます。


債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の方法があります。借入残高や返済能力を考慮してそれぞれの方法から最適な方法を選ぶ必要があります。



最も利用されている方法は任意整理です。

任意整理は司法書士などに依頼して債権者と返済方法などを交渉してもらいます。月々の返済額を減らしたり金利の見直しなどをして、今後も返済を続けていける条件に変更してもらいます。



また親族などに援助してもらい残債を一括返済するので借入額を減額して欲しいなどの交渉をしてもらうこともあります。

任意整理は裁判所を通さずに手続きが出来ますので、手間がかからず最もよく利用されています。
個人再生は裁判所を通して手続きをして認められると、債務を大幅に減らすことが出来ます。

現在の返済能力や資産状況などを判断材料に今後返済していけるだけの金額に減額できます。


個人再生の場合は条件により持っている財産を手放さないで済みますが、今後返済して行けるだけの収入がないと個人再生は出来ません。



同じく裁判所を通して手続きを行う債務整理の方法に自己破産があります。
裁判所に認められれば債務を全て免除できますが、持っている財産を換金して債権者に渡すことになりますので、債務も無くなりますが財産も無くなることになります。



債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されますので、債務整理後5年から10年は金融機関から新たな融資は受けられなくなります。

このように借金の返済が困難になった場合は助かる制度ですが、それなりのデメリットも覚悟しなければいけません。



まず大前提にあることは無理な借金をしなことと確かな返済計画を立てることが大切です。



    関連リンク

    • 債務整理によって借金返済の負担を軽減することも可能

      借金の返済に困った場合は債務整理をして負担を軽減することが出来ます。債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の方法があります。...

      detail
    • 債務整理をおこなうということは

      債務整理をおこなうことで借金を整理することができますので、それまでの督促などからも解放され、精神的な安定を得られます。そのためにはまずは法律の専門家に相談しましょう。...

      detail